岡山市北区の女性医師が診察する泌尿器科・婦人科クリニック

みやびウロギネクリニック

医療脱毛【ダイオードレーザ】

医療脱毛【ダイオードレーザ】

医療脱毛とは、毛に含まれるメラニン組織にレーザの光を吸収させ、毛の組織を破壊する減耗方法です。メラニン組織は肌にも含まれているため、毛の生えている周囲の肌を保護しつつ、毛に含まれるメラニンのみを破壊するようにレーザを照射する必要があります。
当院では医療脱毛機「Light Sheer Duet」を導入し、メラニンに吸収されやすいダイオードレーザをより効果的に発揮させて減耗を行います。

医療脱毛機「Light Sheer Duet」

LightSheer Duetは2つの高度な技術、High-Speed Integrated ThechnologyとChillTipによって、メラニンに吸収されやすいダイオードレーザをより効果的に発揮させて減毛を行います。

High-Speed Integrated Thechnology

皮膚を吸引して毛の組織をエネルギー源に近づけます。皮膚を引き伸ばすことで毛のメラニンに効率よくエネルギーを到達させます。
吸引によって触覚を刺激するので痛みを感じにくくなります。また、広い部位を短時間で施術することができ、冷却や麻酔は必要ありません。

ChillTip

ChillTip™コンタクトクーリングで皮膚を冷却することにより、痛みを軽減します。麻酔も必要ありません。
皮膚に押し当てて照射することで毛のメラニンに効率よくエネルギーを到達させます。また、パワー設定によって、様々な部位の毛にも対応できます。

むだ毛の処理

むだ毛の処理にはかみそりや除毛剤、電気針を使った処理など様々な方法がありますが、痛みを伴ったり、炎症を起こすことが少なくありません。このような肌への負担は、しみ(炎症後色素沈着)や毛穴の開き(開大毛穴)などを引き起こすこともあります。
毛の組織に含まれるメラニンに吸収されたレーザは熱となり毛根・毛乳頭の組織や周辺の毛包の組織を破壊します。

レーザ減毛の治療回数

1 回減毛したらその部分からは二度と毛が生えてこないと思っている方も多いと思いますが、実は減毛できる毛とできない毛があります。減毛できるのは毛乳頭や毛根がある成長期の毛だけで、休止期や退行期の毛は減毛できません。このため複数回の治療が必要になります。
治療回数は減毛する部位や状況によって異なりますので、詳しくは担当医師もしくはスタッフにご相談ください。

起こりうる副作用

治療の後に、皮膚の赤み・ほてり、火傷、色素沈着などの副作用が起こる可能性があります。詳しくは、担当医・もしくはスタッフにご相談ください。

費用について

11・12月は初回(1回)のみ半額の、期間限定お試しコースを行っております。
詳しくはスタッフまでお尋ねください。


※除毛が必要な場合、除毛費用として1100円(2022年1月以降は2200円)が必要となります。

更新日:

Copyright© みやびウロギネクリニック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.